結婚式の準備

マタニティウェディングのメリット&デメリットをご紹介!

結婚式を挙げる予定が、その前に妊娠が判明…とてもおめでたいことですが、妊娠中の結婚式となると不安もたくさん浮かぶでしょう。

最近では、マタニティウェディングの件数は増加傾向にあり、多くの結婚式場でマタニティウェディング専用プランが用意されています。

そのため、新婦が妊娠中であることに慣れている結婚式場も多く、安心できる体制が整っているのです。

今回は、マタニティウェディングをしても大丈夫かお悩みの方のために、メリットとデメリット、準備のスケジュールや注意点についてご紹介します。

マタニティウェディングはあり?なし?メリットとデメリットをご紹介!

マタニティウェディングはあり?なし?メリットとデメリットをご紹介!

マタニティウェディングをやってもいいのかとお悩みの方もいるでしょう。

まず最初に、マタニティウェディングのメリットとデメリットについてご説明します。

マタニティウェディングのメリットは?

マタニティウェディングのメリットは以下のようなものがあります。

  • 子育てが忙しくなる前に結婚式ができる

産後は子育てに追われ、自分に使える時間も減ってしまうので、産前の方が結婚式の準備も十分に行えるでしょう。

  • 結婚式当日ゲストに家族が増えることを報告できる

結婚式に来てくれたゲストに、出産予定であることを報告することができます。

  • リーズナブルに結婚式を挙げることができる

マタニティウェディングプランは会場によっては、通常よりもリーズナブルに結婚式を挙げられることも。

産後は子供にお金がかかるため、結婚式をやっていいものかと考える方もいるでしょう。

そういった金銭面の不安にも配慮されています。

マタニティウェディングのデメリットは?

マタニティウェディングのデメリットは以下のようなものがあります。

  • 妊娠中の状態によっては準備が難しい

結婚式の準備期間につわりが酷かったり長引いたりすることもあります。

体調によっては打ち合わせに行けない、準備が進まない、という状態になってしまうことも。

  • 着られるドレスが限られる

赤ちゃんに負担がかからないようなドレスとなると、デザインが限られてしまいます。

選べるドレスは少ないことを念頭に置いておきましょう。

  • エステに制限がかかる

結婚式前にはエステに通おうと考えている方もいるでしょう。

しかし、機械を使用するような施術は赤ちゃんに影響が出る可能性があるため、難しいということを覚えておきましょう。

マタニティウェディングに適した時期は?

マタニティウェディングに適した時期は?

マタニティウェディングに適しているのは妊娠5ヶ月〜6ヶ月の安定期がオススメ。

しかし、安定期以外の時期に結婚式を挙げることも可能です。

妊娠初期・中期・後期に分けてご説明します。

妊娠初期(妊娠4ヶ月頃まで)

妊娠初期にマタニティウェディングを挙げると、あまりお腹が目立っていない分、多くのデザインからドレスを選ぶことができます。

しかし、この頃はつわりがあるため、準備期間や結婚式当日に体調不良を起こしてしまうことも。

また、準備期間が短いため、非常に慌ただしくなってしまう可能性もあります。

妊娠中期(5ヶ月〜6ヶ月)

妊娠中期は安定期に入り、つわりもおさまっているという方が多いでしょう。

お腹もやや目立つ程度で、準備期間もそれなりに確保できるので、マタニティウェディングにもっとも適している期間と言えます。

妊娠後期(7ヶ月〜8ヶ月頃まで)

妊娠後期は体調が安定していますが、お腹がかなり目立ってきます。

あえて結婚式で妊婦感を出したいなら、この時期を選ぶのもいいでしょう。

しかし、出産直前は何が起こるかわからないため、遅くとも妊娠8ヶ月の間までに結婚式を挙げられるようにしましょう。

いつ結婚式を挙げるかは医師に相談を

なによりも大切なのは赤ちゃんです。

結婚式の日程を決める前に、まず産婦人科の担当医に相談をしましょう。

マタニティウェディングはどんな会場を選ぶ?

マタニティウェディングはどんな会場を選ぶ?

妊娠中に結婚式を挙げるのであれば、さまざまな事態に備えて用意をしておく必要があります。

当日、急な体調不良などにも備えられるよう、会場選びは慎重に行いましょう。

会場選びのポイント

まず立地条件として、駅から離れていたり移動が大変ではないかを確認します。

無理をしなくても大丈夫な立地の結婚式場を選びましょう。

ホテルの式場であれば、前日から宿泊して朝も慌てることなく式場に行くことができるのでオススメです。

他には

  • 会場内は階段での移動が多くないか
  • 新婦がもしも体調を崩した時のために休憩室があるか

などを確認しておくといいでしょう。

プランはどんな内容?

マタニティウェディングプランは妊娠に配慮したプラン内容となっています。

では、具体的にどのような内容なのでしょうか。

マタニティウェディングプランの内容は以下のようなものがあります。

  • 最短1ヶ月で結婚式が挙げられる
  • マタニティウェディングの経験が豊富なスタッフによるサポート
  • いつでも休める休憩室がある
  • 妊婦の花嫁に合わせた料理とドリンクを用意
  • 打ち合わせの回数を減らし、電話やメールでサポート

このように、新婦に無理をさせないようなプランとなっています。

立地条件と合わせてプランの内容も確認しましょう。

準備期間は2〜3ヶ月!マタニティウェディングの準備と当日のスケジュール

準備期間は2〜3ヶ月!マタニティウェディングの準備と当日のスケジュール

妊娠に気付くのは妊娠2ヶ月〜3ヶ月の頃という方が多いでしょう。

妊娠に気付いてから結婚式の準備を始めたとすると、安定期までの2ヶ月〜3ヶ月が準備期間となります。

マタニティウェディングの準備の流れは?

マタニティウェディングの準備の流れをご説明します。

  • 3ヶ月〜2ヶ月前…結婚式場決定
  • 2ヶ月〜1ヶ月前…招待状の発送・料理などのコース決め・ドレス選び
  • 2週間前…ヘアメイクのリハーサル
  • 一週間前〜前日…ドレスのサイズ調整・挨拶を考える
  • 当日

大まかな流れは上記のようになります。

無理をしてしまわないように、ペーパーアイテムなど式場に頼めるものは出来るだけお願いするようにしましょう。

結婚式当日も余裕を持ったスケジュールにしよう

結婚式は当日スケジュール通りに進まず、慌ただしくなることも。

時間が押していることで焦ってしまうと、無理をしてしまう可能性があります。

歓談時間を長めに設定するなど、余裕を持ったスケジュールを組むようにしましょう。

覚えておきたい!マタニティウェディングの注意点

覚えておきたい!マタニティウェディングの注意点

マタニティウェディングで大切なことは、赤ちゃんに負担がかからないことです。

妊娠中に結婚式を挙げる場合の注意点をご紹介します。

マタニティ専用ドレスの選び方

最近では、マタニティ専門のドレスショップもあり、マタニティ用のドレスの種類が増えています。

しかし、結婚式場によってはドレスの持ち込みを禁止しているところもあり、少ないデザインから選ばなければいけないことも。

ウェディングドレスを重視したいのであれば、会場選びの際にドレスの持ち込みが可能かを確認しましょう。

ドレスを選ぶ時にお腹の締め付けばかり気にしてしまいがちですが、妊娠するとお腹だけでなく胸も大きくなることを覚えておきましょう。

胸元がざっくりと開いているデザインは避けるようにしてください。

背中がシャーリングになっているものだと、予想以上にお腹が大きくなった場合も、反対にお腹があまり大きくならなかった場合も調節しやすいのでオススメです。

ブライダルインナーもマタニティ専用のものが販売されていますので、探してみましょう。

二次会はどうする?体調を最優先させて!

妊娠していない新婦でも、ドレスで身体を長時間締め付け、気を張り続けていると具合が悪くなることも。

結婚式の後に二次会まで行うとなると、妊婦にはかなりの負担になるでしょう。

どうしても二次会をしたい場合は

  • 披露宴会場でそのまま二次会を行う
  • 具合が悪くなった時に、すぐ中座できるように打ち合わせをしておく
  • 休憩ができるよう、二次会までの時間に余裕を持っておく

など、新婦が無理をしないスケジュールで行うようにしましょう。

マタニティウェディングが難しいなら他の方法を考えよう

つわりが酷い場合、準備や打ち合わせが難しくなることもあります。

そんな時は、無理をせず結婚式自体を諦めることも大切です。

妊娠中の結婚式が無理でも、体調が回復してからウェディングフォトを撮るという選択肢もあります。

マタニティフォトとウェディングフォトを同時に撮ることができるので、思い出の詰まった写真になるでしょう。

どうしても結婚式を挙げたい場合は、産後にファミリーウェディングを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

まとめ

今回は、マタニティウェディングのメリットとデメリット、スケジュールや注意点についてご紹介しました。

「キレイなドレスを着たい」

「二次会もやりたい」

などさまざまな希望があるかと思いますが、まず優先するべきは妊婦の体調です。

無理をしないスケジュールや、体調を崩した場合にどうするかなどを事前に確認しておくようにしましょう。

体調が優れず準備ができないのであれば、フォトウェディングや産後のファミリーウェディングを検討するようにしましょう。