結婚式の準備

国際結婚カップルが覚えておきたい結婚式の問題とは?

国際結婚はお互いに母国が異なるため、結婚式でも考えなければいけないことがたくさんあります。

どこで結婚式を挙げるか、どんな内容にするかなどに悩み、不安に思ってしまう方もいることでしょう。

そこで今回は、国際結婚カップルの結婚式で問題となりやすいポイントをご紹介します。

決めなくてはいけないことがわかれば、結婚式の準備も進めやすくなりますので、見ていきましょう。

国際結婚カップルはどこで結婚式を挙げる?

国際結婚カップルはどこで結婚式を挙げる?

国際結婚カップルが結婚式を挙げる際に、まず問題になるのが「どこで結婚式を挙げるか」ではないでしょうか。

考えられるパターンとして、

  • 日本で挙げる
  • パートナーの母国で挙げる
  • 日本とパートナーの母国それぞれで挙げる
  • 2国の中間地点で挙げる

などがあります。

ふたりとも日本で生活をしている場合、日本での結婚式を考えるカップルが多いようですが、どこで結婚式を挙げるか悩んだ場合

  • 親の希望
  • ふたりが暮らしている場所
  • 招待したいゲストが参加しやすい場所

これらを考慮しながら検討するといいでしょう。

日本で結婚式を挙げる場合の問題は?

日本で結婚式を挙げる場合の問題は?

日本で結婚式を挙げる時に問題となるポイントをご紹介します。

外国人ゲストへの配慮はどうしたらいい?

海外から外国人ゲストが出席する場合、せっかく日本に来てもらうならゲストが参列できる神社や式場で神前式を行ったり、和装へお色直しをしたり、日本らしさが伝わる結婚式にすると喜ばれるでしょう。

会場はそのまま宿泊してもらえるので、ホテルがオススメ。

もし、結婚式場とホテルが離れている場合は、外国人ゲストと言葉が通じる人にホテルまでのアテンドをお願いしましょう。

また、場に合わないカジュアルな格好をして浮いてしまわないように、事前に日本の結婚式ではどんな服装で出席するかを伝えておくようにしましょう。

ご祝儀はどうする?

ご祝儀がある国は少なく、アメリカなどの国ではふたりが欲しいものの商品リストを送り、ゲストがその中からプレゼントを贈る「ギフトレジストリー」が一般的。

日本で結婚式を行う場合、ご祝儀制にするカップルが多いと思いますが、まず彼にご祝儀とはなんなのかを説明する必要があるでしょう。

外国人ゲストの国でギフトレジストリーが一般的なのであれば、日本人のゲストはご祝儀、外国人ゲストはギフトレジストリーと分けることも可能です。

日本だけでなく、中国や韓国やタイなどでもご祝儀はありますが、相場が日本よりもかなり低めなので、日本の相場を伝えると驚かれてしまうことも。

日本人ゲストも外国人ゲストも平等にしたいという場合は、外国人ゲストにもわかりやすいように会費制の結婚式にするのもオススメです。

旅費や宿泊費を出さない代わりにお祝いを受け取らないという選択肢もあります。

パートナーの母国の結婚式ではどのようにするのかを確認し、ふたりで相談して決めましょう。

結婚式の司会に通訳は必要?

日本人と外国人が参加する結婚式で問題となるのは言葉。

2カ国語での司会進行は難しいため、日本語で司会をしてもらうカップルが多いようです。

しかし、それでは外国人ゲストがイマイチ楽しめない結婚式になってしまう可能性も。

そうならないために、ムービーの演出にパートナーの母国語で字幕をつけたり、外国人ゲストのテーブルには通訳をつけたりといった工夫が必要です。

演出や余興はどうする?

国際結婚カップルの結婚式では、余興よりもゲストとの時間を大切にしながら食事を楽しめるような内容が一般的です。

演出は定番のケーキカットとファーストバイト、花嫁の手紙を取り入れるカップルが多く、外国人のパートナーの親へ贈り物をする演出では、持ち帰ることができない花束ではなく、日本の伝統工芸品や浴衣などを選ぶカップルが多いそうです。

結婚式の料理の注意点

外国人ゲストの中には、ベジタリアンの方や宗教上の問題で食べられないものがある方もいるかもしれません。

日本でもアレルギーの有無を確認しますが、提供してはいけない食材がないかの確認もしておくといいでしょう。

パートナーの母国で結婚式を挙げる場合の問題は?

パートナーの母国で結婚式を挙げる場合の問題は?

パートナーの母国で結婚式を挙げる場合に問題となるポイントをご紹介します。

海外の結婚式は日本と違う

パートナーの母国で結婚式をするのであれば、まずその国の結婚式についてよく知ることが大切です。

例として、他の国の結婚式をご紹介します。

アメリカの結婚式

アメリカは結婚式の1週間ほど前に新郎はバチェラーパーティー、新婦はブライダルシャワーで独身最後の思い出作りをします。

前日はリハーサルディナーというプレパーティーを開き、両家の親とグルームズマン、ブライズメイドなど身近な人たちと翌日のシュミレーションをして食事を楽しみます。

また、「ファーストダンス」をふたりで踊る習慣があり、夫婦の最初の共同作業という意味があります。

ロシアの結婚式

ロシアではパンに塩を添えてゲストをお迎えする風習があり、これは結婚式にも取り入れられています。

新郎新婦は式場の入り口で塩がたっぷりとついたパンを食べ、これが「人生最後の辛味」になることを願います。

また、ロシアではふたりのシャンパングラスを紐で結び、飲み終えた後に床に叩きつけて割ります。

破片が多いほど幸せになると信じられていますが、「割れる」ということが日本では縁起が悪いとされているため、日本人からするとグラスを割るという行為はとても驚きですね。

さらに、「嫁さらい」や「靴盗み」といった習慣もあり、新郎が新婦や靴を探し出すというなんともユニークな演出まで。

ロシアの結婚式は日本の静かな結婚式とは異なり、賑やかな結婚式が想像できますね。

スコットランドの結婚式

スコットランドの一部の地域では、結婚式前夜の新郎新婦に心休まる暇がありません。

なぜかというと、黒く汚い液体をかけられないように街中を逃げなくてはいけないからです。

これは、「ブラッキング・オブ・ザ・ブライド」という儀式で、腐った卵や牛乳やすすなど家庭にある汚いものを投げ、お祝いの場で恥をかいて謙虚さと忍耐力を学ぶというもの。

さらに結婚式から邪悪な精霊を撃退する意味も込められています。

海外で挙げる結婚式でも風習の全てを受け入れなくていい

ご紹介した通り、海外の結婚式には日本と全く違う風習があります。

もちろんパートナーの母国の風習にならって結婚式を挙げるのもいいですが、慣れない土地で気を張り過ぎると疲れてしまい、結婚式を楽しめなくなってしまうかもしれません。

パートナーの母国で結婚式を挙げるとしても、日本の結婚式の良いところを取り入れることもできます。

どのような結婚式ならふたりもゲストも楽しめるかを話し合ってみましょう。

日本人ゲストへの配慮はどうしたらいい?

日本で結婚式をする場合と同様に、現地の言葉がわからないゲストへの配慮をしましょう。

例えば、式次第を日本語でも作成しておいたり、日本人ゲストの席に通訳をつけるなど工夫が必要です。

また、どこまでパートナーの母国の風習に合わせるかにもよりますが、日本と異なる部分は事前に説明しておくと、安心して参加できるのではないでしょうか。

結婚式に参加してもらうための旅費や宿泊費はどうすべき?

結婚式に参加してもらうための旅費や宿泊費はどうすべき?

日本では遠方から出席するゲストにお車代を渡すのがマナーですが、海外から出席してもらう場合は交通費をゲストが負担し、ホテルの手配や食事代など現地でかかる費用は新郎新婦が持つというのが一般的です。

交通費を半額出すよりも、ホテルを手配しておいてもらったり、現地の美味しいレストランに連れて行ってもらえる方が、友人たちも安心できて楽しめるでしょう。

日本と彼の母国両方で結婚式を挙げるカップルも!

日本と彼の母国両方で結婚式を挙げるカップルも!

せっかくの結婚式はみんなに祝ってもらいたいものですよね。

しかし、どちらかの国で結婚式を挙げるとなると、飛行機に乗らなければ参加できないゲストは、休暇が取れなかったり金銭的な問題で参加を諦めなくてはいけなくなってしまうことも。

お互いの国でそれぞれ結婚式を挙げれば、ゲストも気軽に出席することができますし、両方の国の結婚式を経験することができます。

どちらの国で結婚式を挙げるか決まらないというカップルは、それぞれの国で結婚式を挙げることも検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

まとめ

今回は、国際結婚カップルの結婚式で問題となりやすいポイントをご紹介しました。

ふたりとも日本で生活している場合、日本で結婚式を挙げることが多いようです。

他には、彼の母国で結婚式を挙げる以外にも、2国の中間地点で挙げたり、両方の国で挙げる方も。

どちらで結婚式をするにしても、海外から出席してくれるゲストには通訳やアテンドをつけたり、慣れない土地で困らないように配慮しなくてはいけません。

結婚式の内容は、お互いの国の良いところをふたりで話し合って組み立ててみると良いでしょう。

そのためにも、それぞれの国の風習を知るところから始めてください。

海外から出席してもらう場合は、交通費は全額ゲストに負担してもらい、現地でかかる費用を新郎新婦が持つパターンが一般的です。

ふたりが納得いく結婚式になるように、話し合いを重ねましょう。