結納・顔合わせ

婚約の食事会の準備から当日の流れまで詳しく解説!

婚約の食事会は、結納ほど形式張ったものではありませんが、両家が初めて顔をあわせる場であり、フォーマルな食事会であることには変わりありません。

どんな店にすればいいのか、当日はどうやって進行していけばいいのか、知っておくべきことがたくさんあります。

そこで、準備や段取り、当日の話題の選び方なども含めて、婚約の食事会の基本について解説します

楽しく食事をしながら、お互いの理解を深められるような、素敵な食事会にしてください。

婚約の食事会の準備と段取り

婚約の食事会の準備と段取り

まず初めに、お店選びと日程調整が必要です。

どんなお店がいいか、自分たちのイメージだけでなく、親の意見なども聞きつつ、準備を進めていきましょう。

どんな食事会にしたいのか

婚約の食事会は、結納のように正式なものではありませんので、ある程度自由に決めることができます。

とはいっても、どのような食事会にするのか、自分たちだけで決めないで、お互いの親の意見なども聞き、みんなが気持ちよく参加できる食事会にすることが大切です。

あまり気負わずに、アットホームな雰囲気がいいという人もいれば、結婚という人生の一大事に関することだから、格式のある料亭できちんとした料理を、と思う人もいるでしょう。

結納ではないけれど、婚約の記念品を交わすなど、結納っぽいことをしたいという場合もあります。

そこがずれてしまうと、最初から気まずい雰囲気になりかねませんので、よくすり合わせをしたいところです。

お互いの親があまりに違ったイメージを持たれている場合、うまく歩み寄りをしていくことも必要ですから、ここはよく話を聞いてイメージを固めていくことです。

そのうえで、こんな感じの食事会にしようということが決まれば、洋食か和食か、レストランか料亭かなど、自然と会場のタイプも決まります。

日程調整も同時に考える

結婚に関わることなので、まずは日取りを考えなくてはいけません。

大安や友引を選ぶのが一般的です。

また、仕事をしているかどうかによって、土日がいいか、平日でもいいかが決まってきます。

昼か夜か、予約の時間帯も考えなくてはいけません。

お酒が好きな人なら、夜、ゆっくりお酒を楽しめるお店にした方がいいでしょう。

お酒は必要ない、美味しい料理を堪能したいとか、遠方から来るけれど当日中に帰りたいというような場合は、ランチタイムの方がいいです。

どこから来るのか、帰りはどうするのかということも考えて時間帯を決めましょう。

自分たちよりも、親の都合を優先し、負担がかからない日程、時間帯を考えることが大切です

会場選びは親の料理の好みもしっかり聞いて

婚約の食事会は、普通の食事とは違いますから、プライベートを確保できるよう個室がある店を選びましょう。

お互いの家族についてあれこれ聞いたりしますから、周囲を気にしないで楽しく話ができる環境を作ります。

料理については、親の好みを優先しましょう。

お互いの親にどんなものを食べたいかを聞いて、好き嫌いなく食べられるメニューがあるお店を選びたいところです。

場所はどちらかの実家の近くにするか、中間地点まで出てきてもらうか、親に相談してみましょう。

料理が美味しいのはもちろんのこと、接客サービスなどもしっかりしたお店を選ぶことが大切なので、口コミなどをよく見て選んでください。

食事会で渡す手土産の用意も忘れずに!

日程、会場も決まったら、手土産も考えておきましょう。

これは、婚約の記念品とは別に、ご挨拶の意味で用意するものです。

金額としては3,000円前後が相場で、日持ちのするお菓子などを用意するのが一般的です。

両家で持ち寄るものがかぶったり、または金額や見た目に格差が出ないように、事前にどんなものを持っていくか、すり合わせをしておくことをおすすめします

食事会の費用の話もきちんとしておこう

婚約の食事会となると、コース料理などを頼むことが多いので、それなりに費用がかかります。

個室の使用料などが上乗せになることもありますので、総額どのくらいかかるのかを計算しておくことが大切です。

また、遠方から来ていただく場合には交通費や宿泊費もかかりますから、その点も考慮しなくてはなりません。

そのうえで、合計額を折半するように支払うのか、食事代は彼の側、交通費や宿泊費を彼女の側というような分け方をするのか、彼と相談します。

どちらかの負担が大きくならないよう、バランスを考えて決めてください

また、食事会当日に、「支払いはどうなっているの?」と親に心配をかけないよう、自分たちが支払うということをあらかじめ伝えておくと良いでしょう。

宿泊代などを支払う場合も、チェックアウト時にスマートに支払えるようにしておいてください。

婚約の食事会にふさわしい服装

婚約の食事会にふさわしい服装

婚約という重大事、食事会にも適した服装というものがあります。

しかしここで大事なのが、両家のバランスです。

片方がフォーマルないでたちをしているのに、片方がカジュアルな服装では格好がつきません。

服装は食事の場所に適していることも大切ですから、事前にどのような服装にするかを打ち合わせしておけば、失敗がありません。

女性はワンピースが無難

では、実際にどのような服装がいいかというと、女性はワンピースがおすすめです。

もしくはアンサンブルスーツでもいいでしょう。

あまり形式張らず、かといってカジュアルすぎない服装を目指しましょう

色味は、せっかくのおめでたい席ですので、パステルカラーなどの明るい色がいいでしょう。

品が良く、顔色も明るく見えます。

このような場で素足は厳禁ですので、必ずストッキングを着用してください。

黒や柄物ではなく、ベージュのストッキングにしましょう。

スカート丈は膝が隠れる程度がおすすめです。

タイトスカートですと、座った時にずり上がってくることがありますので、ややフレアな形にすると座りやすいです。

アクセサリーも派手すぎなように

フォーマルな食事会ではパールのアクセサリーが適しています。

しかし、パールなんてもってない!という場合もあると思いますので、その際はあまり大ぶりなアクセサリーでなければ大丈夫です。

ネックレスでもピアスでも、ワンポイント程度の大きさにしておきましょう。

最初から、見た目で「派手だな」と思わせてしまうと良くないので、自分の好みよりも「上品さ」を念頭においてアクセサリーを選びます

男性はスーツで

男性は、服に迷うことはあまりないでしょう。

スーツを着ていれば、まず問題はありません。

かといって、ブランドものの派手なスーツではなく、黒または紺のオーソドックスなスーツにしてください。

また、しわ、汚れ、フケなどがついているのは論外ですので、「清潔感」を重視してしてください。

婚約の食事会の当日の流れ

婚約の食事会の当日の流れ

緊張してしまいがちですが、ざっと流れを頭に入れて、シミュレーションしておくとスムーズに進められます。

それぞれの座り方

席は、奥(入り口から遠いところ)が上座になります

上座には両家の両親に座ってもらいます。

自分たちは手前(入り口に近いところ)に座りましょう。

食事会を始める時の挨拶

一般的には、彼、もしくは彼の父親が最初の挨拶をします。

それから、自分の家族を紹介し、次に彼女の親が家族を紹介するという形が多いです。

ただ、厳密な決まりがあるわけではないので、簡単に挨拶をしたら、それぞれが自己紹介するというのもありです。

もし手土産を持っている場合には、挨拶が済んだ後に渡します。

記念品の交換

挨拶が済んだところで、記念品の交換です。

男性側からは婚約指輪を、女性側からはお返しの品を贈ります。

もし指輪はプロポーズの時に渡してしまっているという場合は、特になくても構いません。

ここは二人でよく話し合い、納得できていれば、無しで進めてしまってもいいところです

乾杯してから食事に入る

料理が出されたら、いよいよ食事の始まりです。

彼、もしくは彼の父の乾杯の挨拶で始めるといいでしょう

結びの挨拶

食事が済んだら、再度挨拶です。

彼の父にお願いし、締めの挨拶をしていただきましょう。

もしもお父さんがいない場合には、彼が挨拶をすれば良いです。

そして、二人からも、わざわざ集まってくれたことへの感謝の言葉を贈ります。

おひらきになる前に、タイミングを見計らって会計を済ませておくと、出る時がスムーズになります

話が盛り上がるように工夫しよう

話が盛り上がるように工夫しよう

初対面同士で何を話したらいいかわからないこともあると思います。

そのような時は、年齢にかかわりなく話せる話題を選び、若い二人が積極的に話しかけるようにしてください。

話題の作り方

二人の年齢が近くても、ご両親の年齢は離れていることがありますし、住んでいる場所が違えば話題が合わないこともあります。

せっかくの食事会ですから、シーンとなってしまわぬように、二人が積極的に間を取り持って、話題を作りましょう

  • 天気の話
  • 趣味の話
  • 子供の頃の話
  • 二人の仕事の話
  • 食べ物の話

このような話題を選ぶと、当たり障りがありません。

避けた方が良い話題

話題に困っても、出してはいけないものがあります。

  • 政治
  • 宗教

などについては、個人の信条があるので、どのような場面でも避けた方が良い話題です。

また、親または自分の自慢と取られるような話題も避けてください。

まとめ

まとめ

せっかくの食事会だから、こんなお店で食べたいわ!と自分たちだけの好みで場所を決めてしまうのではなく、親御さんの意見もきちんと聞いて決めていきましょう。

仕事をしていると日程調整なども大変ですが、なるべく双方の意見をきちんと聞いて、納得して次に進んでいくことが大切です。

当日はどのような流れになるのかきちんと頭に入れつつ、挨拶の練習などをしておくと良いでしょう。

両家の顔合わせの食事会費用はいくらくらい?だれが払うのがベスト?結婚が決まったら、両家の顔合わせの場を考えなくてはなりません。 顔合わせは基本的にどのカップルも、結婚が決まれば早い段階で行うのが...