結婚式の準備

ブライズメイドとは?結婚式への取り入れ方&参考映画など

映画やドラマで、花嫁を取り囲む数人でお揃いのドレスを着た女性たちを目にしたことはありませんか?

それを「ブライズメイド」と呼びますが、どんな役割なのか明確にわからない人も多いのではないでしょうか。

欧米では一般的な文化で、近年は日本の結婚式でもブライズメイドを取り入れる人が増えてきています。

この記事では、「ブライズメイドとは何か」という基本的な情報から、取り入れるメリットや取り入れ方、ブライズメイドを理解するのにおすすめの映画をご紹介していきます

ブライズメイドの基礎知識!

ブライズメイドの基礎知識!

ブライズメイドとは花嫁をサポートする役割のこと!

ブライズメイドが何かを簡単に言うと、式の準備から当日まで、花嫁のサポートをする役割のことです

花嫁と親しい同世代の女性が務めることが一般的で、当日ブライズメイドたちはお揃いのドレスで式に花を添えます。

中世のヨーロッパで、花嫁には悪魔がとりつきやすいと考えられていたため、花嫁と同世代の女性たちが花嫁と似た格好をして側にいることで、悪魔から花嫁を守ったことがブライズメイドの起源です。

欧米では現在も、結婚式にはブライズメイドがいることが定番で、ブライズメイドのリーダーである「メイド・オブ・オナー」に任命された人が、プランナーの代わりに式の準備を仕切ります。

ブライズメイドは誰に頼むもの?

ブライズメイドは基本的には、親友と呼べるような間柄の友人や、仲の良い姉妹や従姉妹など、近しい女性に頼みます

人数は2〜5人が一般的ですが、仲が良いグループが10人以上であったり、通っているダンス教室の女性メンバー全員に頼みたい場合は、大人数にお願いすることもあります。

花嫁側が費用を負担するのが基本ですから、予算を加味して人数を決めましょう。

また、親しくない相手に頼んで困らせたり、頼む人と頼まない人の間で軋轢が生まれないよう配慮をしてくださいね。

花婿のサポート役、アッシャーとは?

花嫁のサポート役はブライズメイドと呼びますが、花婿のサポート役のことはアッシャーと呼びます

こちらも、ブライズメイド同様、新郎と同世代の親しい友人や兄弟にお願いし、花嫁のブライズメイドと同じ人数を用意するのが一般的です。

ただし日本ではアッシャーがおらず、花嫁側のブライズメイドだけを取り入れる式も珍しくはありませんので、アッシャーを取り入れるかどうかは新郎新婦でよく話し合って決めるのが良いでしょう。

ブライズメイドを取り入れるとどんないいことがあるの?

ブライズメイドを取り入れるとどんないいことがあるの?

ブライズメイドの役割についてご説明してきましたが、式に取り入れるとどんないいことがあるのかも、お伝えしていきましょう。

親しい仲間との思い出ができる

自分の人生の記念すべき1日をブライズメイドたちにサポートしてもらうと、ただ自分たちが企画した式に参加してもらうより、結婚式が友人との思い出になります。

お揃いの衣装で花嫁を取り囲むブライズメイドとの写真は、友情の証として大切なものになるはずです

式が華やかになる

ブライズメイドを取り入れると、予め花嫁のドレスとコーディネートしたお揃いの衣装をブライズメイドたちに着てもらうため、場がパッと華やかになります。

ブライズメイドの衣装は、通常の結婚式のマナーに則る必要がありません

式を欧米の結婚式のような開放的な雰囲気にしたい場合は、ブライズメイドたちに肩の大きくあいたドレスや、オープントゥのシューズを着用してもらうなど、作りたい雰囲気に合わせてブライズメイドの衣装を設定するのがおすすめです。

ブライズメイドの衣装代などを負担できる

ブライズメイドを頼むと相手の負担になってしまわないか、と悩む花嫁もいると思います。

しかし、当日の付添をお願いするだけの場合、ブライズメイドの負担は通常のゲストとして出席してもらうより、むしろ減るでしょう。

結婚式に呼ばれると「共通の友人が多いと毎回同じ衣装で出席できない」「美容室の予約をしないと」など準備に気を揉むかと思いますが、ブライズメイドとして花嫁が衣装を揃え、控室でヘアセットも一緒にすることになっていれば、ご友人は自分で準備する必要がなくなります。

日本ではまだ珍しいブライズメイド!どう取り入れる?

日本ではまだ珍しいブライズメイド!どう取り入れる?

日本では、式場プランナーが準備を取り仕切ってくれるため、欧米のようにブライズメイドに式の仕切りを頼む必要はありません。

もし、日本の式でブライズメイドを取り入れるなら、こんなことをお願いしてみてはいかがでしょうか?

お揃いの衣装で式に立ち会ってもらうのみ

日本で取り入れられるブライズメイドは、式に花を添えることが主な役割です。

ですので、式で花嫁の後ろに並び、立ち会ってもらうだけでも十分やってもらう意味はあります

中には、ただ立っているだけだと恥ずかしいと言うブライズメイドさんもいるので、頼んだご友人らに相談し、指輪交換の際にブーケを持っていてもらうなど、細々したお手伝いを頼むとベストでしょう。

ブライズメイドとの前撮りをする

せっかく衣装を揃えてブライズメイドをお願いするのですから、プロにお願いして記念の写真を残しておくと、後々思い出として見返すことができます。

着飾ってポーズをとって、女同士でワイワイと盛り上がる時間は、結婚、出産などの人生のイベントを経るとだんだん取りづらくなりますから、最高の思い出になること間違いなしです。

当日の受付をお願いする

結婚式の受付は親しい友人に頼むのが一般的ですが、ブライズメイドを取り入れる際は、ブライズメイドをお願いした友人に受付を頼むと良いです。

ゲストが一番最初に挨拶を交わす受付が、ブライズメイドでお揃いの綺麗なドレスを着ていると、この時点でしっかり式の雰囲気を作り上げられます

受付の他にもブライズメイドの人数がいる場合、ウェルカムドリンクを配ってもらうなど、待合室の華やかな空気を作る役割を担ってもらうのがおすすめです。

ブライズメイドを依頼するとき注意することとは?

ブライズメイドを依頼するとき注意することとは?

ブライズメイドを頼むなら、ここは押さえておくべき、というポイントをお伝えします。

衣装や小物は基本、花嫁側が負担する

ブライズメイドのお揃いの衣装は、花嫁側が費用を負担するのが普通です。

ブライズメイドたちが負担を申し出てくれることもありますが、最初から負担させるつもりで依頼するのは、失礼にあたります。

費用を負担する花嫁が主導しつつ、実際に着用するブライズメイドたちの意見も取り入れて、衣装の色や形を決定すると全員が心地よい選択ができるでしょう

当日は花嫁控室で一緒に身支度をするように手配する

衣装だけ用意して、あとはゲストと同じように参加してもらうのではなく、当日花嫁控室でブライズメイドたちも身支度をできるように手配しましょう。

「当日身支度の場にいて欲しくない」と思うようなら、最初からブライズメイドを取り入れない方が無難かもしれません

ブライズメイドだけに負担がかからないようにする

花嫁側のブライズメイドだけ用意した結婚式で、受付や余興、二次会幹事など、全てをブライズメイドに頼むと負担が大きくなります。

ブライズメイドは結婚式周りを、二次会は新郎側のゲストに幹事を頼む、など、バランスをとるように夫婦で話し合いをしましょう

ブライズメイドへのイメージを膨らませるための映画

ブライズメイドへのイメージを膨らませるための映画

ブライズメイドへの具体的なイメージを映像で確認したいなら、ブライズメイドが登場する映画を見るのが一番早いでしょう。

そこで、ブライズメイドが登場する映画を2作ご紹介します。

ブライズメイドを頼む際、ご友人に「ブライズメイドって何?」と言われたら、該当の映画を見てもらうと理解してもらいやすいですよ。

『幸せになるための27のドレス』

これは2008年のアメリカ映画で、ブライズメイドとしてたくさんの友人の結婚式に参加してきた主人公が、自分の幸せを掴むまでのラブコメディです。

日本でブライズメイドをお願いする際は、この映画の主人公のように徹底して花嫁の世話を焼くことを求めるのはやりすぎですが、本来どんな役割なのか理解するのにぴったりの映画です。

『ブライズメイズ史上最悪のウェディングプラン』

こちらは2011年のアメリカ映画です。

ブライズメイドのまとめ役「メイド・オブ・オナー」を頼まれた主人公が、友人の結婚式へ向けて奔走するストーリーです。

ブライズメイドのいいところも悪いところも描かれていますが、最終的には女友達や結婚式は最高だと思える映画になっています。

まとめ

まとめ

ブライズメイドについての基本的な情報と、取り入れ方、依頼するときの注意点などをご紹介してきました。

日本では、ブライズメイドの役割がしっかり決まっているわけではありませんので、衣装を揃えて花を添えてもらうだけでも、受付や前撮りなど、式にがっつり関わってもらうもよしです

ブライズメイドのイメージが湧きやすい映画もご紹介しましたので、映画を見て「憧れるなぁ」と思った方はぜひ、自分の式にどのように取り入れるかを検討してみてください。

ゲストの印象に残る結婚式の席札メッセージの書き方!席礼メッセージは新郎・新婦とゲストが思い出を振り返ったり、感謝の気持ちを伝えるなどに最適な方法です。 結婚式準備の中で席礼メッセー...