結婚のお金

結婚式当日をサポート!介添人の仕事内容と介添料の相場は?

介添人(かいぞえにん)という言葉をご存じでしょうか。

結婚式の当日、新郎新婦のサポートをしてくれるスタッフのことを介添人といいます。

新郎新婦の状態や結婚式の進行に気を配ってくれるので、介添人がいることで安心して結婚式を進めることができるのです。

今回は、介添人の仕事内容と介添料の相場などをご紹介します。

介添人(かいぞえにん)のお仕事ってどんなことをするの?

介添人(かいぞえにん)のお仕事ってどんなことをするの?

まず、介添人の仕事内容について詳しくご紹介紹します。

介添人とは?

介添人はブライダルアテンダーとも呼ばれ、結婚式当日は新郎新婦のそばに付き添って、ふたりをサポートしてくれる役割を担っています。

結婚式当日、本番の直前に簡単な流れの確認を行うことが多いと思いますが、急に流れすべてを覚えられる方は少ないでしょう。

そのため介添人が着席やお辞儀のタイミングなどを知らせてくれたり、必要な時にハンカチを差し出すなどの身の回りのお世話も行ってくれます。

花嫁のドレスが美しく見えるように整えたり、挙式や披露宴を円滑に進められるようにサポートを行うのも介添人の仕事。

神前式での挙式の場合は「介添人」、教会式や人前式などではアテンダーと呼ぶことが多いでしょう。

介添人とブライズメイドとの違いは?

ブライズメイドも結婚式のサポートをするため、ブライズメイドをお願いしている方は介添人は不要では?と感じるかもしれません。

しかし、介添人とブライズメイドはまったくの別物ということを覚えておきましょう。

ブライズメイドにお願いできることは、受付や入場のエスコートなど。

介添人は結婚式全体の細かな流れを把握し、隅々にまで気を配って新郎新婦をサポートする人。

介添人は結婚式の知識や経験が豊富なプロですので、やはり身近な人に頼むブライズメイドでは介添人の役割は難しいでしょう。

介添人の仕事内容

介添人の大まかな仕事内容は以下のようなものがあります。

  • 新婦の支度の手伝い
  • 新婦が婚礼衣装を着た後に、立ち振る舞いを指導
  • 席を立つ・席に座る・お辞儀をするタイミングを新郎新婦に知らせる
  • 新婦が移動する際のエスコート
  • 新婦の移動の際に、ドレスがきれいに見えるよう整える
  • 新婦の髪の乱れを直す
  • 教会式や人前式の場合、指輪交換の時に新婦からブーケと手袋を預かる
  • 新婦の着席時にイスを引く
  • 新郎が飲みすぎないように気を配る
  • ハンカチが必要になりそうな場面でハンカチを準備しておく

介添人の仕事は結婚式の最中だけでなく、当日の準備段階からスタートします。

ウェディングドレスを着た花嫁が歩くときには、ドレスの裾を持って新婦が歩きやすいように配慮したり、手を引いてエスコートします。

新婦が体の向きを変えたり移動した時に、トレーンの長いドレスなどはどうしても裾が足元にまとわりついたりしてしまいがち。

そんな時も、介添人がドレスの裾をきれいに見えるように整えてくれます。

また、緊張から挙式や披露宴の流れを忘れてしまったり、そもそも席を立ったり座ったりするタイミングや、お辞儀をいつすればいいのかわからないという新郎新婦は多いでしょう。

介添人はそのような細かな指示も出してくれるので、新郎新婦は流れを覚えていなくても安心です。

結婚式当日、新郎新婦は食事をするタイミングがなかなかありませんが、介添人はタイミングを見て料理を勧めたり、新郎が酔いすぎてしまわないようゲストから見えないように新郎の足元に用意されているバケツにお酒を捨てたりします。

両親への手紙などの感動的な演出の際には、新婦が泣いてもすぐに差し出せるようにハンカチを用意することも介添人の仕事。

かなり細やかに気を配る仕事であることがわかります。

不安なことや当日の要望は事前に伝えておこう

ほとんどの場合、介添人と事前打ち合わせをすることはなく、当日が初めての顔合わせとなります。

もし当日注意してもらいたいことを事前に伝えておきたい場合は、プランナーから伝えてもらうようにお願いしましょう。

例えば、

  • 裾を踏みやすいドレスを着る
  • 高いヒールの靴を履く
  • 緊張しやすい
  • 視力があまり良くない
  • 必ず写真を取りたい人がいる
  • ハンカチを渡してほしい場面
  • 不安があるので、できるだけ近くで待機してほしい
  • 最小限のサポートで大丈夫

このように、ちょっとしたことでも大丈夫ですので思ったことは伝えておくといいでしょう。

プロといえども新郎新婦の考えがすべてわかるわけではなく、介添人に求めることも人それぞれで違いがあるでしょう。

言葉にしなければわからないこともあるので、「ここはこうしてほしい」と伝えることが大切です。

介添料はどのように払えばいいの?

介添料はどのように払えばいいの?

介添料とはどんなものか、どのように払うのかをご紹介します。

介添料ってなに?

介添料は、介添人に支払う料金のことをいいます。

介添料の相場は1~2万円程度です。

介添料の用意が必要かまず見積もりをチェック

介添料は結婚式のプランに含まれていることが多く、見積もりに「介添料(アテンド料)」と記載があれば、別途用意する必要はありません。

介添料の記載がなかった場合でも、サービス料などに含まれていることもあるので、プランナーに確認をしてみましょう。

場合によっては介添人がヘアメイクも担当することがあり、介添料が必要ないことも。

介添料を節約したいと考える方もいるかもしれませんが、値引は難しいでしょう。

介添料の相場は1~2万円なので、それを支払うことで結婚式当日に安心を得られるのであれば、決して高い金額ではないと考えられます。

介添料とは別にお礼や心づけを渡した方がいい?

心づけは、

  • 結婚式のプランに介添料が含まれていない
  • 介添料は払ったがお礼として渡したい

このような場合に渡します。

結婚式のプランに介添料が含まれているのであれば、心づけは必ずしも必要ではなく、あくまでも気持ちで渡すものとなります。

しかし、結婚式当日にあらゆる場面で気を配りながら新郎新婦をサポートしてくれる介添人には、何かしらのプレゼントを用意しておくと、しっかりと感謝を伝えられるでしょう。

心づけを現金で渡す場合は5,000円程度が目安の金額となりますので、新札を懐紙やポチ袋に入れて用意をしておきましょう。

ただし、現金を渡しても、介添人は会社や式場にそのまま渡さなくてはいけない場合もあります。

そのため、確実に介添人に受け取ってほしい場合は、5,000円程度のプレゼントをお礼として用意しましょう。

お礼や心づけを渡すタイミングは?

なかなか難しいのが心づけを渡すタイミング。

本来であれば披露宴後に「本日はありがとうございました」と渡すべきなのですが、控室で新郎新婦と介添人だけになるタイミングがあまりなく、渡せずに終わってしまう可能性もあります。

確実に渡すためには、挙式前のタイミングが最適。

「本日は1日よろしくお願いいたします」という気持ちを込めて渡すといいでしょう。

まとめ

まとめ

今回は、結婚式の介添人の仕事内容や、介添料についてご紹介しました。

結婚式の身支度から披露宴の終わりまで、スムーズな進行や新郎新婦のサポートに徹してくれるのが介添人です。

介添人がいてくれるからこそ、安心して結婚式当日を過ごすことができます。

不安なことや伝えておきたいことは、事前に介添人に伝えておくことが大切です。

介添料は結婚式のプランに含まれていることが多いのですが、記載がない場合はプランナーに確認をしましょう。

心づけは絶対に必要ではありませんが、感謝の気持ちとして用意しておくことをオススメします。