結婚式の準備

ブライダルフォト|結婚の思い出を最高の形で残すには?

新郎新婦の幸せな姿を写したブライダルフォトは、いつまでも色あせず結婚当初の2人を思い出せる、夫婦にとって大切なものです。

長く残るものだからこそ、ブライダルフォトは後悔のないよう、こだわって撮影するべきです。

この記事では、ブライダルフォトを撮るメリットとおすすめの撮り方、費用などについてご説明していきます。

どんなブライダルフォトを撮ろうか検討中の人や、ブライダルフォトを撮ろうかどうか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ブライダルフォトって何?フォトウェディングと違うの?

ブライダルフォトって何?フォトウェディングと違うの?

結婚式の最中の写真とは別で、婚礼衣装に身を包んだ2人を記念撮影したものを広く「ブライダルフォト」と言います。

結婚式の前に衣装を身につけて撮影する「前撮り」や結婚式とは別日に撮影する「別撮り」を総称してブライダルフォトと表現しているのです。

混同して使われることの多い「フォトウェディング」という言葉は、結婚式を挙げずに写真撮影だけをすることを意味しており、これもブライダルフォトの一種です。

撮影スタイルや値段は、フォトウェディングも前撮りや別撮りなどのブライダルフォトとそれほど変わりませんので、今回の記事はフォトウェディングを検討している人も参考にできるものです。

ブライダルフォトを撮るとメリットがいっぱい

ブライダルフォトを撮るとメリットがいっぱい

結婚式当日に式の写真を撮るからブライダルフォトを撮らない、という選択をする夫婦もいます。

しかし、ブライダルフォトにはメリットも数々あるため、金銭的な余裕があればぜひ、ブライダルフォトをしっかり撮っておくことをおすすめします。

ここから、ブライダルフォトを撮るメリットを大きく3つご紹介します。

年賀状や結婚報告に使える

結婚式に招待しなかった知人に結婚報告する時、ブライダルフォトを添えることで、2人の晴れ姿を多くの人に見てもらうことができます。

また、結婚式を挙げないカップルは、フォトウェディングだけでもすると、撮った写真でお互いのパートナーを知人にお披露目をできます。

結婚した翌年は、2人のブライダルフォトが印刷された年賀状を出すことで、夫婦共々これから宜しくお願いしますという気持ちを周囲に伝えられておすすめです。

ブライダルフォトは結婚式で見た新郎新婦の姿と一味違うので、結婚式に参列してくれたゲストに送る際にも、写真を楽しんでもらえるでしょう。

確実に写りの良い写真が残る

結婚式でカメラマンに撮ってもらう写真は、必ずしも写りが良いとは限りません。

式の最中の自然な2人の姿は残せているかもしれませんが、化粧が崩れてしまっていたり、カメラ目線のものが無いことが多いです。

当日は時間もなく、式の前後で記念撮影が十分にできるとも限りません。

ブライダルフォトなら写真を撮るために着付けとメイクをし、ポーズや構図を考えて撮影してもらうため、確実に写りが良い写真を撮ってもらえます。

将来、写真を見返したり、子供に自分たちの結婚式の様子を見せてあげる時に、綺麗に撮れた写真が残っていると嬉しいですよね。

前撮りは結婚式で飾れる

前撮り写真は、結婚式のウェルカムスペースに飾ったり、ムービーの中で使用するなど、結婚式で活躍します。

結婚式では、案外ゲストにじっくり2人の姿を見てもらう時間が取れないですが、写真を飾っておくことで、ゆっくりと新郎新婦の姿をゲストに見てもらうことができます。

花嫁のことを知らない花婿の知人、花婿のことを知らない花嫁の知人に、お互いをお披露目する場が結婚式です。

綺麗に撮ったブライダルフォトで、お披露目ができるのは理想でしょう。

また、前撮りをしておけば、当日は新郎新婦だけの記念写真を撮ることを意識せず、ゲストと写真を撮ることに集中できるのも前撮りのメリットです。

おすすめのブライダルフォトの撮り方

おすすめのブライダルフォトの撮り方

ブライダルフォトは長く残るものだからこそ、満足度が高いものにしたいですよね。

後悔しないためには、どんなブライダルフォトを撮りたいかというコンセプトを決めることが重要です。

そこで、おすすめのブライダルフォトの撮り方をご紹介していきます。

結婚式とは違う衣装で撮る

結婚式を挙げて、ブライダルフォトも撮る場合、新郎新婦の衣装を着る場が増えることになります。

当日のリハーサルも兼ねて結婚式の衣装で撮影するのも良いですが、せっかくなら結婚式とは違う衣装やヘアスタイルも試してみるのがおすすめです。

特に結婚式で和装をしないカップルは、ブライダルフォトでは和装をする率が高いです。

花嫁・花婿の衣装が着られる機会は一生にそうありませんので、着たいと思っている衣装を心置きなく着てください。

リゾート地で撮る

新婚旅行で海外や沖縄などのリゾート地に行くのなら、旅行先でブライダルフォトを撮るのも素敵な思い出が残せます。

青い空、白い砂浜、広い海……リゾート地でのブライダルフォトは、日常とは別世界の素敵な光景をバックにするため、ドラマチックな写真を撮ることができます。

旅行会社でも、衣装や写真撮影付きの新婚旅行プランを売り出しているところは多くありますので、ブライダルフォトを踏まえて行き先を考えてみてはいかがでしょうか。

新郎新婦の思い出の場所で撮る

ブライダルフォトは、結婚式場を思わせるチャペルや神社で撮られることが多いですが、新郎新婦の思い出の場所で撮影することによって、2人だけのオリジナリティが出せます。

2人の出会いの場所、初デートの場所、プロポーズの場所など、特別な場所を新郎新婦の衣装で訪れるだけで素敵な思い出になりますよね。

後にブライダルフォトを見返す時、撮影時の思い出だけではなく、その場所にちなんだ思い出も思い返すことになるでしょう。

ブライダルフォトはどこで撮影できる?

ブライダルフォトの撮影場所は、「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」の2種類に別れます。

スタジオ撮影は、カメラマンのいるスタジオに依頼するのが一般的です。

ロケーション撮影は、ロケーション撮影に対応してくれる会社に依頼するか、フリーランスのカメラマンに依頼し、場所や衣装の手配を自分でするかのどちらかです。

ロケーションが、企業の提供する撮影プランではなく新郎新婦が指定したものである場合は、カメラマンの足代がプラスでかかるのが基本です。

ブライダルフォトの気になる費用、相場は5〜20万円

ブライダルフォトの気になる費用、相場は5〜20万円

ブライダルフォトを検討している人が一番気になるのは、費用がいくらかかるかではないでしょうか。

ブライダルフォトをスタジオで撮った場合、かかる費用の内訳は

  • 撮影料
  • 衣装代
  • 場所代
  • 着付け
  • メイク
  • 小物(靴、アクセサリー)
  • データ代
  • 印刷代

が一般的です。

着る衣装の数や、撮影場所によって値段は変わりますが、5~15万円が相場です。

ロケーション撮影は、先ほどご紹介した内訳に足代がかかり、移動時間分撮影代も高くなるため、10~20万円と相場の値段が上がります。

費用を抑える方法としては、会社に頼むのではなく、フリーランスのカメラマンに依頼し、衣装や着付け、メイクなどは自前にすることや、セルフタイマーを利用して自分たちで撮影することが考えられます。

まとめ

まとめ

ブライダルフォトとは、結婚式の最中の写真とは別に、婚礼衣装を着て撮る記念写真のことです。

ブライダルフォトを撮っておくことで、しっかり演出された写りの良い写真を結婚報告に使用したり、結婚式も挙げる場合は式で使用することができます。

また、結婚式当日に着られない衣装で撮影ができることも、ブライダルフォトの魅力でしょう。

ブライダルフォトにはスタジオ撮影とロケーション撮影があり、費用相場はスタジオ撮影が5〜15万円、ロケーション撮影の方が少し高く10〜20万円となっています。

写真は後々残るものですので、どこでどんな衣装でブライダルフォトを撮影するか、カップルでよく検討してくださいね。