結婚のお金

結婚式費用をローンで支払うのってどうなの?損をしないために知っておくべきこと

結婚式の費用をローンで支払う方法があります。

結婚式費用は高額ですから、この総額を一気に現金で前払いできる人の方が少ないです。

式場にもよりますが、結婚式費用はクレジットカードが使えないこともあり、その場合残された道はローンを組むという方法になるわけです。

今回は、元ウエディングプランナーより、結婚式費用をローンで支払う際に知っておくべきことについてまとめていきます。

結婚式費用はほとんどの場合が前払い

結婚式はほとんど前払い

結婚式にかかる費用は、当たり前のように「ご祝儀で支払おう」と思っている人があまりにも多いのですが、これは極めて危険です。

なぜなら、結婚式場の多くは費用を前払いさせるよう、ルールを設けているからです。

これにより、新郎新婦は何百万円もの高額な費用を、結婚式前にまとめて支払わなければならなくなります。

当然、若い新郎新婦は特にこのまとまったお金が用意できないことが多いため、ここでいくつかの選択肢から方法を選択しなければなりません。

支払い方法を決めて一旦先に支払いを済ませること。これをせずして当日を迎えることはできません。

結婚式費用を式前に工面する方法

結婚式費用を式前に工面する方法

結婚式の前、当然ご祝儀が全く手元に集まっていない状況です。

では、自分たちでどうやって結婚式費用を工面するのか、そのチョイスは以下の3つのうちのどれかとなります。

選択肢①親に借りる

結婚式が終われば、ある程度のご祝儀も集まります。

そうすれば式の費用の大半はカバーされることが分かっています。

自分たちで式の費用の前払いができない場合は、親に借りるという方法もひとつです

これの良いところは、やはり親ですから利息もつきませんし、融通が利くということですね。

初めにはっきりと言っておきますが、できるのであればこの方法が一番良いです。

選択肢②カードローンを使う

次にカードローンです。クレジットカードのカードローンは使用したことがある人も多いのではないでしょうか。

これはほとんどのクレジットカードにもともと備わっている機能ですし、とにかく簡単に借りることができるのが魅力です。

結婚式を挙げるということを伝えることで、限度額を一気に引き上げてもらうことが可能になる場合が多いのも特徴です。

通常のカードローンだと、限度額が20万円から50万円位のことが多く、到底結婚式費用の全額前払いには足りません。

カードローンを使用する場合は一時的に限度額を引き上げてもらいましょう。

選択肢③ブライダルローンを組む

結婚式費用をローンを組んで支払うというケースもあります。

先ほどのカードローンとは全くの別物になります。

即時振り込みというわけにはいかないため、ある程度前もって審査を受けておく必要があります

ブライダルローンのメリットとして、金利はカードローンより基本的にはお安くなりことが挙げられます。

ブライダルローンを組む際の5つの注意点

ブライダルローンを組む際の5つの注意点

さて、今回は先ほどの選択肢の三つ目、ブライダルローンについて取り上げていきましょう。

ローンはそう何度も組む物ではありませんので、ついつい大切なポイントを見落としてしまいがちです。

ここで、ブライダルローンを組む際の5つの注意点についてまとめましょう。

ポイント①審査が厳しめ!安定した収入がなければほぼ通らない

ブライダルローンは、融資額が大きいこともあり審査は甘くありません

どちらかというと厳しめに審査されると思っておいた方が良いでしょう。

特に、職業が自営業やフリーランスの場合はより通りにくくなりますし、勤続年数などもしっかり見られます

自分が審査に通る可能性がどれだけあるのか、予め確認しておく必要があります。

確認は早めにしておくのが良いです。

ギリギリになってブライダルローンが必要となったタイミングで審査に出しても、「どこも通らなかった」ということになり兼ねません。

ポイント②融資までに日数がかかるため結婚式の直前だと間に合わない

ブライダルローンの場合、カードローンと違って融資までにかかる期間があります。

その場ですぐに借りれるわけではないので、この点も十分注意しておかなければなりませんね。

結婚式場によって、前払いの期限は決められていますから、それをまず確認しましょう

余裕をもって支払いができるよう、早めにブライダルローンを選んでおくのが賢明です。

ポイント③なるべく短い期間で返済しなければ利息分損をする

当然、ローンは支払い回数が多ければ多いほど、金利の関係で損をしていくことになります。

何せ、金額が金額ですから金利の1%も結構な金額になってしまいます。

300万円のブライダルローンを組むとして、その金利が例えば5%なのか7%なのかによって、支払総額は2%変わります

この2%は6万円にあたるためこれだけでもかなり大きな違いになります。

そう考えると、ローンの返済期間は短ければ短いほど良いということは言うまでもありません。

月々の支払いが少しタイトになっても、総額を考えると少しでも短い期間でローンを組むという方がお得にはなるのです。

ただ、毎月の支払いがあまりにも高額になると、それはそれで問題ですからしっかり考えましょう。

ポイント④式場が提携しているブライダルローン以外もチェックすること

結婚式場には、それぞれ提携しているブライダルローン会社があります。

きっと、支払いについて相談すると、式場からは提携先のブライダルローンをすすめられるでしょう。

これももちろん一つの選択肢ではありますが、式場との提携だからといって鵜呑みにしてはいけません

というのも、条件によってはそれ以外のブライダルローンの方がおふたりには合っている可能性もあるからです。

ブライダルローン会社によって、もちろん金利も違いますし、一括返済のルールなども変わってきます。

当然、一番大切なのは金利です。

金利の違いは支払総額の違いに直接影響しますので、必ず確認しておきましょう。

そして、ローンを組む際の支払いに関するルールや、残債を一気に支払う際の金額の計算式も確認しておいた方が無難です。

提携しているブライダルローンを安易に選択するのではなく、比較検討しましょう。

ポイント⑤場合によってはプロミス・アコム・アイフルの方が良い

ブライダルローンを組むというのももちろん方法のひとつですが、場合によっては消費者金融の方が良いケースもあります。

なぜなら、「30日無利息」という恩恵が受けられる場合があるからです

つまり、30日以内に返済すれば1円も無駄に支払うことがないということです。

例えば、自分たちにある程度の蓄えがあって、後はご祝儀が入れば残額はまかなえるという計算なのであれば、ローンを組むよりもこの方法を選んだ方が良いということになります

結婚式が終わり次第、ご祝儀をそのまま返済に充てれば済むことです。

ブライダルローンも使用しないことになるため、長年もの間ローンの返済に追われることもなくなります。

まとめ

結婚式の費用をローンで賄うかまとめ

結婚式の費用は高額です。だからこそ、支払い方法は慎重に選ばなくてはなりません。

なるべくなら利息を全く支払うことなく全額返済できればそれに越したことはありません。

両親にも相談してみましょう。

ブライダルローンを使用する場合は、その支払い回数や返済方法までしっかりと熟考しておくことが肝心です

何年も高額な支払いに追われ続けることは、気持ちの良いものではありません。

少しでも自分たちにとって損のないようにしたいものですね。